コンサドーレ

2017年シーズン北海道コンサドーレ札幌 選手同士の繋がり

2017年シーズン北海道コンサドーレ札幌 選手同士の繋がりまとめです。

ついにチーム体制が固まりましたが、実は大学が同じだったり、かつて同じチームに在籍していたなど様々な繋がりがありましたので、カテゴリー別にまとめてみました!

クラブ

金園英学/キムミンテ

べガルダ仙台(2015~2016)

早坂良太/菊地直哉

サガン鳥栖(2013~2016途中)

ヘイス/マセード

ECバイーア(2015?)

稲本潤一/福森晃斗

川崎フロンターレ(2011~2014)

横山知伸/クソンユン

セレッソ大阪(2013)

稲本潤一/田中雄大/福森晃斗

川崎フロンターレ(2011~2012)

稲本潤一/田中雄大/横山知伸/福森晃斗

川崎フロンターレ(2011)

稲本潤一/横山知伸

川崎フロンターレ(2010~2011)

河合竜二/兵藤慎剛

横浜Fマリノス(2008~2010)

都倉賢/横山知伸

川崎フロンターレ(2008)

河合竜二/小野伸二

浦和レッズ(1998~2001)

こう見ると、川崎フロンターレに在籍したことのある選手がとても多いですね。

特に2011年シーズンの川崎から将来4名も札幌に来ることになりますね。

川崎サポーターの中には札幌との対戦を楽しみにしている人もいるかもしれませんね。

そしてキックオフイベントで稲本が言っていたように、稲本と福森はかなり長い付き合いですね(笑)。

ヘイスとマセードが一緒にプレーしていたかよくわからなかったので知っている方がいましたら教えてください。

大学・高校

兵藤慎剛/横山知伸

早稲田大学(2004~2007)

金園英学/田中雄大

関西大学サッカー部(2007~2010)

小野伸二/菊地直哉

清水商業高校(被ってはいない)

コンサドーレで大学以来の再開というのはなんだか感動的ですね。

日本代表

小野伸二/稲本潤一

U17ワールドカップ(1995)

U20ワールドカップ(1999)

サッカーワールドカップ(2002、2006)

小野伸二/菊地直哉

アテネオリンピック代表(2004)

稲本と小野の関係は誰もが知っていると思いますが、菊地と小野が実はアテネオリンピックのメンバーだったんですね!小野と菊地は出身地も高校も同じなので、実は凄く地元トーク出来るのではないでしょうか(笑)。

ちなみに菊地はA代表の経験もありますので、今シーズンのコンサドーレには代表経験者が3名いることとなります。

おまけ

都倉賢/稲本潤一

2012年等々力での神戸vs川崎戦で都倉がゴール直後にバロテッリパフォーマンスをしたことは有名ですが、そのゴールの直前のプレーで都倉にタックルしているのが稲本です。縦パスを足元に収めた都倉に素早くチェックに行く稲本ですが、都倉は上手く体と腕を使い、稲本のタックルをかわしています。古巣との対戦で都倉は燃えていたのだと思います。ちなみにこの試合の川崎ベンチには田中雄大がいました。

兵藤慎剛/コンサドーレ札幌

当時横浜Fマリノスに所属していた兵藤は2008年天皇杯4回戦で札幌と対戦し、J初ゴールを決めました。試合は1-0で横浜の勝利。

野々村芳和/小野伸二/河合竜二

2000~2001にJ1、J2で対戦。河合は2001年シーズン出場はしていません。

2001年シーズンの野々村と小野は、お互いにキャプテンとして対戦しています。

おそらくまだまだあると思いますが以上です。

ちなみに札幌ユースは整理しきれなかったので入れていません・・

こうして見ると、今回の補強はこうした選手同士の繋がりも少なからず意識していたのではないかと思いますね!

また、小野は河合がいたから、稲本は小野がいたから、今回の兵藤や早坂も河合や菊地がいたから?というように、単に移籍金だけではなく、選手同士の繋がりも移籍を決断する理由の一つとしては重要ではないのでしょうか。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です