コンサドーレ

北海道コンサドーレ札幌が唯一鹿島アントラーズに勝利した試合

2001J1ホーム鹿島戦

鹿島アントラーズといえば言わずと知れた強豪クラブです。

その鹿島に札幌が勝利した事が一度だけあります【2020年6月現在】

いつ勝ったのか

それは2001年5月12日(土) Jリーグディビジョン1ファーストステージ第9節。

舞台は札幌厚別公園競技場。

観衆19,920人【厚別開催試合で史上最高動員数。2020年6月現在】。

今後この記録が破られることはないでしょう。

2001年のコンサドーレ札幌は強かったのか?

強かったです。

特にファーストステージの序盤戦は完全に台風の目でした。

2001年開幕から鹿島戦までの戦績

第1節 C大阪   2-1〇(A長居)

第2節 柏    2-1〇(H高知)

第3節 広島   1-2●(A広島)

第4節 東京V  2-1〇(H室蘭)

第5節 神戸   0-0△(A神戸)

第6節 G大阪   1-0〇(H函館)

第7節 清水   2-5●(A日本平)

第8節 FC東京   1-2●(A丸亀)

第9節 鹿島   ?-?(H厚別) NEW!

J2から昇格したばかりのクラブとは思えない戦いぶりです。

一時は2位につけていましたが、清水とFC東京に連敗してしまい、鹿島戦の時点では暫定5位でした。

そして第9節にして待ちに待った札幌での開幕戦!

相手は強豪鹿島。

スターティングメンバー

札幌のスターティングメンバ―です。

2001ホーム鹿島戦スターティングメンバー

怪我の播戸にかわり深川が先発した以外はほぼフルメンバーの札幌。

鹿島スターティングメンバー

GK曽ヶ端、DF内田、秋田、金古、根本、MF熊谷、中田、小笠原、ビスマルク、FW鈴木、平瀬

日本代表経験者である奈良橋、相馬、柳沢が欠場とはいえ有名な選手がずらりといます。

2000年シーズンに三冠を達成した鹿島でしたが、2001年シーズンは怪我人の多さが影響し、札幌戦直前までの成績が2勝5敗1分で札幌よりも下位でした。

試合内容

2001ホーム鹿島戦コレオグラフィー

53分に野々村のCKからウィルがヘッドで合わせて先制

71分にビスマルクに同点ゴールを許す。

ドラマは終了間際に起こります。

89分に中田浩二がアウミールをタックルし一発退場。

その後お互いに攻め合い、札幌のカウンター!

アウミールのスルーパスに反応したウィルが秋田に倒されてPK!

PK獲得に盛り上がる厚別。

キッカーはウィル。

そしてスタジアム中がウィルとボールを固唾をのんで見守ります。

ボールをセットするウィル。

2001ホーム鹿島戦ウィルPKPKを蹴る直前のウィル

 

沈黙の一瞬・・からの

ゴール!

スタジアムが唸るような歓声。

この動画の後半でPK決める瞬間が見れます。

PK獲得から決めるまでの”ざわつき”のようなものがイイですね。


2001.5.12 コンサドーレ札幌vs鹿島アントラーズ

ウィルが決めた瞬間の歓声がこの試合の劇的さを物語っています。

鹿島戦以後の札幌

鹿島に会心の勝利をあげた札幌でしたが、その後のファーストステージは1勝しかできませんでした。

セカンドステージも開幕から4連敗するなど波に乗れませんでしたが、連勝ストップ後引き分けを挟んで4連勝し、最後は何とか残留を決めました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です